Hi-Fi BLUES

いい音でBLUESを聴きたいって思ってる人間のブログ
<< 新メインスピーカー | main | B.B. Kingのスタイル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ラックの重要性
オーディオ機器はその設置する環境で、ガラリと音が変わってしまう。よく「オーディオ機器の本来の性能をだすにはしっかりとした場所に設置すること」なんて言われるけど、ハッキリ言って全く意味がわからない。「しっかりとした場所ってどこ?」「本来の性能を出すとどんな音?」なんて思う人も少なくないと思う。メーカーによって設置環境は違うだろうし、部屋も違う。そんな中で「本来の性能を引き出すしっかりとした設置」なんてのは不可能だと思う。結局のところ自分の好みで設置するしかない。

オーディオの設置で大きな要素がラックだろう。ラックも様々な考え方がある。振動を受けないようにガッチリと作るもの、効果的に振動を逃がすもの。個人的には前者はあまりお勧めしない。振動を受けないようにガッチリと作ると重くなる上、移動させるのが難しい。効果的に振動を逃がすタイプのラックで一押しなのがQUADRASPIREのラックだ。

見た目はスッキリとしていて、なかなかいいデザイン。音も見た目同様スッキリとした音になる。響きが整理され、S/Nが非常に良い。音にとって「響き」はとても重要なファクターだと思う。S/Nを向上するために響きをとってしまうと音楽が持っている明るさや、悲しさといった感情的な表現が出来なくなってしまうように感じる。しかしこの響きが整理されていないと、聴きづらい音になってしまう。QUADRASPIREのラックはそこらへんの調整が非常によく出来ている。

q4dvent
q4d

さてこのQUADRASPIREのラックでオーディオ用として一般的なのはQ4DQ4D VENTになる。私が使っているのはQ4Dで、コレも良いがQ4D-VENTはさらに良い。Q4DとVENTの違いはポール、天板、スパイク受け、カップラーといったところらしい。値段はかなり高くなるが、下手に機器を高いものを買うよりこういった信頼性の高いラックを買った方が間違いなく損をしないと思う。
| ゑンつ | オーディオアクセサリ | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:38 | - | - | pookmark |









http://hi-fi-blues.jugem.jp/trackback/93
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE