Hi-Fi BLUES

いい音でBLUESを聴きたいって思ってる人間のブログ
<< Otis Rushの日本での名演 | main | アナログプレーヤーの面白さ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
システム紹介
今まで何回か自分の所有機器の紹介をしてきたが、全ての機器を一括で紹介したことがないことに気づいた。とりあえず私のシステムを紹介しておく。

■アナログププレーヤー キャビネット自作の下記組み合わせ

 ターンテーブル   Technics SP10
 トーンアーム    SME 3009
           Audio Technica AT1503
 カートリッジ    Highphonic DL-103Pro
           DENON DL-102
SP10

■フォノイコライザー SUN VALLEY SV-6

SV-6

■CDプレーヤー TEAC VRDS-15
VRDS-15

■プリアンプ SOULNOTE Sa1.0

Sa1.0

■パワーアンプ VTL IT-85

IT-85

■スピーカー Ballad Ba402 + Murata ES-105

Ba402

自作派を名乗ってはいるが、実際にはほとんど既製品・・・。そろそろ自作したものをメインシステムに入れたいのだが、なかなか既製品を超えることは難しい。次の予定では、クラシック用のスピーカーを導入した後、アイソレーショントランスのような電源の強化を計画中。あとは昇圧トランスかな〜。昇圧トランスくらいは自作のものにしようと思っている。
 
| ゑンつ | オーディオ全般 | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:29 | - | - | pookmark |









http://hi-fi-blues.jugem.jp/trackback/70
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE