Hi-Fi BLUES

いい音でBLUESを聴きたいって思ってる人間のブログ
<< スピーカー | main | Robert Johnsonとの出会い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
Eric Clapton LIVE
clapton
もう2週間も前になりますが…。埼玉スーパーアリーナでのEric Clapton
のライブに行ってきました。印象に残った曲だけ記事にしますね。

01. Tell The Truth
ずっとPretendingがオープニングだと思ってたんでビックリ!まず、最初に思ったことは・・・「ドラム上手い!」。Blues Brothersバンドにも参加していたスティーブ・ジョーダン。正直、クラプトンバンドでは歴代最強のドラマーじゃないでしょうか。生で聴いたからそう思うのかも知れませんが・・・。

02. Key To The Highway
イントロ聴いてもなんの曲かさっぱり。歌い始めてみたら「I've got the key 〜♪」ってところでKey To the Heghway って気付きました。「う〜ん、やっぱりBig Bill Broonzyの方がいいなぁ」ってのが正直な感想。でも好きな曲だからテンションは上がりましたけど。

04. Old Love
この曲で、観客の人たちが盛り上がりましたね〜。そんな人気のある曲なんですかね?

そしてMotherless Childrenをはさんで、アコースティックへ。

06. Rambling On My Mind
よっしゃ、Robert Johnsonだ!いや〜、やっぱりクラプトンってギター上手いですよね。あんなふうにRobert Johnson弾きたいな〜。

07. Outside Woman Blues
この曲をアコギでやるとは思いませんでした。確か、だれかのカバー曲だったと思うんですが、誰かしってますか?知ってる人はコメントください。

11. Little Queen of Spades
これもRobert Johnsonの曲です。3人のギタリストとキーボードでソロをまわしたんですが、正直良いソロはなかったな・・・。それよかリズム隊が上手い!ウィリー・ウィークスって初めて聴いたんですが、前クラプトンバンドのネイザン・イーストとは違った良さがありますね。私はウィリー・ウィークスの方が好きです。

14. Layla
このクラプトンライブの1週間前にこの曲を学園祭でやっていたんですが、当然のごとく本物は上手かった。ギターソロはさっさと終わっちゃって物足りなかった気がしますが。

15. Cocaine
演奏ってより、観客が印象に残っています(笑)。この曲の最後は観客が「Cocaine」っていって終わるんですが、私の周りは誰一人言いませんでした。言ったのは私だけ・・・。

ライブを通して感じたことは正直、ギターのブラッキーの音にあきました。それでもライブってのはいいものですね。仕事って感じのライブではありましたが、さすがに世界的なアーティストのライブとなるといいものです。
| ゑンつ | LIVE | 00:21 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:21 | - | - | pookmark |
ベースがウィリーウィークスだと知っていれば絶対いったのに・・・。悔やみきれん!
しかもドラムはスティーブジョーダンってか!?

こんな最高のリズムセクション、聞いてみたかったなぁ(><)

Outside Woman Blues はたしかカラフルクリームでカバーしてんだよね。誰のかは・・・しらんなぁ
| ちょんび | 2006/12/20 12:57 AM |
このライブでウィリー・ウィークスファンになりましたよ。ジャズ畑って感じはしたけど、こんなブルースもあるんだなってつくづく感心したな〜。
今度、ウィリー・ウィークスの他の演奏も聴いてみたいと思ってるんで、何かいい音源があったら教えてください。
| ゑンつ | 2006/12/20 1:15 AM |
初めまして

「アウトサイド・ウーマン・ブルース」は
ブラインド・ジョー・レイノルズという人
がオリジナルのはずです。

レイノルズのスペルは以下の通り。
blind joe raynolds

「クラプトン・クラシック」というクラプ
トンがカバーした曲のオリジナルを集めた
CDに1929年録音のものが入っています。

レイノルズは、8曲しか録音を残していな
うそうです。

それにしてもクラプトンは、それをどんな
コンピレーションで聞いたのでしょうか。

ブルースの師であったジョン・メイオール
のコレクションの中にあったのかもしれま
せん。

ともかくクラプトンのブルースの知識は、
生半可ではありませんね。

いや別に私はクラプトン贔屓ではあまりあ
りませんが。

なお「クラプトン・クラシック」は、日本
のブルース・インターアクションズという
会社の発売です。

1991年発売のものですが、気長に探せば手
に入ると思います。
| なかむら | 2007/11/20 6:10 AM |
はじめまして。
blind joe raynoldsですね。わざわざありがとうございます。8曲しか残していないとは、かなり少ないですね。ぜひともオリジナルの方も聴いてみたくなりました。頑張ってさがしてみます。
| ゑンつ | 2007/11/27 10:40 PM |









http://hi-fi-blues.jugem.jp/trackback/5
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE