Hi-Fi BLUES

いい音でBLUESを聴きたいって思ってる人間のブログ
<< たまには普通の日記を | main | モノラルレコード >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
B.B. King特集に影響を受けて
今月のギターマガジンを見た方はいらっしゃるでしょうか?表紙をB.B. Kingが飾っています。ってことで私もB.B.の記事を書いてみようとおもいました。今年のシカゴ・ブルースフェスティバルにも出演が決定しているB.B.。ファンとしてはうれしい限りですが、正直82(?)にもなってよく頑張っているなと感心してしまうばかりです。

さてB.B.と言えば色々とアルバムがありますが、今回私が聴いているのはこちらのアルバム。
B.B. Take It Home

1979年の「Take It Home」。なかなかジャケが面白いですよね?よく見てみると子供の後ろにはB.B.の影が見えます。

アルバムとしてはかなりフュージョンよりです。なぜならフュージョングループであるクルセイダーズとのアルバムだから。クルセイダーズっていうとラリー・カールトンがいたらしいってことを知っているだけで、どんな曲があるかはしりません。もしかしたらほとんどクルセイダーズの曲なのかな?そんな中でもA面の4曲目I've Always Been Lonelyはかなりブルースっぽいかも。

このアルバムは前述したとおり、フュージョン色が強いためコテコテのブルースらしさはありません。そういう意味ではLive At Regalのような良さはありません。しかし、こういった他のジャンルのアーティストとの関り合いもB.B.の魅力に1つのことは確かです。フュージョンの心地良い音を残しつつ決してただのBGMにはおさまらないボーカルはさすがB.B.ですね。

さてこちらのアルバムは私はアナログUSオリジナル盤で持っています。このアルバムは79年の作品なのでアナログで見つけた場合はおそらくオリジナル盤でしょう。音もいいですし、多少アナログに興味がある方はアナログ盤を見つけた場合は是非かって見てください。
| ゑンつ | MODERN BLUES | 21:33 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:33 | - | - | pookmark |
これは、最高のジャケですね! たまりません。

フュージョンでもジャズっぽいものでも B.B の本質は変わりません。 オリジナル・ジャケではこのような秀逸なものも多いですね。
| bluespapa | 2008/02/25 8:10 PM |
このジャケいい味だしていますよね。裏ジャケもなかなかいいですよ。

確かに、B.B.の味ってのは色々なジャンルで通用しますよね。だからこそB.B.はいろいろな音源を集めたいと思っています。
| ゑンつ | 2008/02/28 10:42 PM |









http://hi-fi-blues.jugem.jp/trackback/48
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE