Hi-Fi BLUES

いい音でBLUESを聴きたいって思ってる人間のブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
Buddy Guyならではのアルバム
久しぶりのブルースネタ。このブログはほとんどオーディオのブログになってしまったが、ブルースの記事を書くのを止めたわけではない。ちゃんとブルースも聴いているのだが、首都圏に進出して以来、オーディオに対する新発見が多すぎてどうしてもオーディオのネタが多くなる。

Buddy Guyは私の好きなブルースマンの一人だ。大抵のブルースマンは好きだけど・・・。しかしBuddy Guyには他のブルースマンとはまた違った魅力があると思う。Buddy Guyは不遇の時代が長かったブルースマンだ。実力があり、他のブルースマンやロックミュージシャンから認められながらもなかなかレコーディングの機会に恵まれなかった。Buddyが本格的にレコーディングが出来るようになったのは90年代に入ってから。それ以前は他のミュージシャンと演奏する機会が多かった。特にEric ClaptonStevie Ray Vaughanなんかとは親交が深かったようだ。
そんなBuddyだかろこそできるアルバムというのがこのアルバムだと思う。


Buddy Guy Heavy Love

ファンキーかつ鋭いギターが魅力的なアルバム。1.Heavy Love単純なギターのリフとスネアのイントロだがこの時点でかなりノリが良い。このノリの良さにブルース独特の歌い回しを混ぜてくると何とも味わい深い曲になる。ギターソロはまさにBuddy Guyというべきチョーキングとビブラート。このビブラートとチョーキングがBuddyのギターの一番の魅力だと思う。一転、スローブルースの4.I Need You TonightなんかではBuddyのギターのウマさが光る。若干かん高いBuddyの声と絶妙なリズムのもとに入ってくるギターの組み合わせはスローブルースが最も良く味わえると思う。ともかくスローブルースを弾かせた時のBuddyのギターのウマさは尋常じゃない。

このアルバムを買った当初はコテコテのシカゴブルースを期待していたのだがオープニングからその期待は裏切られた。
(ジャケ見ればコテコテのシカゴブルースじゃなことはわかるが・・・)しかしその何ともキレのいいBuddyのギターがこのアルバムを好きにさせてくれた。ともかくBuddyのギターの魅力が味わえる一枚だと思う。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ
にほんブログ村
| ゑンつ | CHICAGO&DETROIT BLUES | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Otis Rushの日本での名演
最近、Carlos JohnsonのライブDVDを買った。その中で、Otis Rushの話をちょこっとしていた。その話を聞いていたら、Otis Rushのライブ盤を聴きたくなってしまった。そんなわけで聴いたのがこのアルバム。
Live in Jaban
このジャケのわざとらしい絵の表情がたまらない・・・。アルバム名はSo Many Roads Live in Concert。CDだとまったくジャケが違うので注意。

Otis Rushの日本でのライブアルバムだと思う。オープニングのバンドの紹介が素人がやっている感じがたまらない。一定のテンションで「ベースの〜、ドラムの〜、そしてOtis Rush・・・」て感じで盛り上げようとしているのか、していないのかがよくわからないのが味があってたまらない。そんな日本のライブアルバム独特の味わいがある。

さて肝心のOtis Rushの演奏だが、そんなバンド紹介とはうって変わって結構ノリの良い演奏をしてくれる。全体的に完成度が高いのだが、何よりギターを聴いてほしい。このギターソロを聴いていると、本当にジャケットの絵のような表情でギターを弾いているように思えてくる。特に3.I Can't Quit You Babyのギターソロは素晴らし。

一度は生で演奏を見てみたいアーティストだ。
| ゑンつ | CHICAGO&DETROIT BLUES | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブルースの定番曲を作った人
ブルースの定番曲ってのは色々あるが、最も親しまれている曲はSweet Home Cicagoではないだろうか。私の知っている限りこの曲はRobert Johnsonが初めてレコーディングしている。しかしこの曲をブルースの定番曲に押し上げたのは、Magic Samだろう。

West_Side_Soul
Magic Sam West Side Soul

Magic Samのファースト・アルバムがWest Side Soul。私の中では、Magic Samは最もシカゴ・ブルースらしいと思う。Magic Samが一番好きというわけではないが、これほどシカゴ・ブルースという言葉をイメージさせる人はいないと感じてしまう。

さて、このアルバムではどうしてもSweet Home Cicagoに注目が集まってしまう。しかし、Sweet Home Cigago以外も良い曲ばかりだ。

A面1曲目のThat's All I Needなんかの軽いノリで始まる感じなんかはとても気分が良い。少しファルセットっぽいボーカルなんかが曲調とよく合ってる。ギターやボーカルに派手さはないけど、落ち着いてのれる曲だ。

B面では5曲目のMy Love Will Never Dieなんかが哀愁が漂っていていい。このアルバムでは珍しくノリのいい曲ではないが、Magic Samのかん高い声が力強い。それに対してギターの音は細くギターとボーカルで掛け合う部分はその対比が面白い。

Magic Samは32歳で亡くなっているので、オリジナルアルバムは2枚しか残していない。しかし、その両方がかなりクオリティが高い。Otis RushBuddy Guyなんかとシカゴ・ブルースを牽引していってもらいたかった人だ。
| ゑンつ | CHICAGO&DETROIT BLUES | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お久しぶりです
なんかブログの更新ペースが1,2か月に1回程度になってきましたね。最早、見に来ている人はいないのでは・・・と思ってもアクセスカウントは減ってはいるものの、月2千人くらいはアクセスしています。検索文字列はほとんど、Soulnoteですが。

一応、オーディオとブルースのブログなので、オーディオの方が興味を持っている人が多くてもブルースのネタも書かなくてはいけません。そんなわけで久々のブルースです。
They Call Me Muddy Waters
Muddy Waters 「They Call Me MUDDY WATERS」

このアルバムを買ったのはずいぶん前ですね。レコードを買い始めて1ヶ月もたってなかったと思います。このアルバムの1曲目がWhen The Eagle Fliesっていうんですが、途中オルガンの音か何かがずっとプーって音をだしているんです。コードが変わっても同じ音を出しているからアンプが発信しているのかと心配した思い出があります。今のオーディオシステムで聴けば、ちゃんと楽器の音ってわかるんですが・・・。私がレコードを買い始めたときのオーディオシステムのレベルの低さがわかります。
盤は90年代のUS盤です。CHESSのレコードを復刻させたシリーズのようですが、あまりいい音ではありません。ノイズ等はないのですが、低音がこもってしまっています。もう少し低音に明快さがあればそこそこの音なんですけどね。

さて、音が悪いせいかこのアルバムにはあまりMuddyの魅力を感じません。曲調だけで言えば、5.Bird Nest On The Groundや、6.They Call Me Muddy WatersなんかはMuddyらしいんですが、どこか物足りない。Muddyのボーカルはもっと説得力がある、人を惹きつける魅力があるはずなのですが・・・。これはオリジナル盤を聴いてみないとなんとも言えませんね。そんなわからない状態でブログに書くなって話ですが・・・。

とりあえず、Muddy好きの私ですが、このアルバムはほとんど聴いていません。安くオリジナル盤が手に入れば聴くようになるかもしれませんが・・・。
| ゑンつ | CHICAGO&DETROIT BLUES | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
45回転
もうすぐ社会人になって1年がたちます。この1年を振り返るとひたすらオーディオにお金をつぎ込んだ1年でした。CDやレコードも増えましたね。この1年間で倍とまではいかなくても1.8倍程度にはなったのではないでしょうか。来年度はもう少しレコード店めぐりをしたいですね。
John Lee
さてJohn Lee Hookerです。このアルバムはThat's My Storyというアルバム。45回転の12インチを2枚入れてアルバムにしてあります。どうやらジャズの復刻版としてだされていたようです。確か新品で1万円くらいした気が・・・。しかしさすが45回転!音が良い。John Leeの重い雰囲気が広がっています。しかし、John Lee Hookerは歌っている時の微妙なビブラート(低音のうねり)が何ともいえないですな。特にこのアルバムでは3.I'm Wanderin'はビブラートが最高に曲にマッチします。この怪しい雰囲気を作り出しているのはこのうねりでしょう。
やっぱりブルースはいいですね。最近はオーディオ的な聴き方が多かったので特に良く感じます。このどしっとした聴き方ができるのはブルースの味わいですね。メロディーや歌詞を聴くのではなくただ目の前から出てくる音を聴くことができるのがブルースの魅力でしょう。

| ゑンつ | CHICAGO&DETROIT BLUES | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
天才ブルースマン!
Ritht place, wrong time
Otis Rush Right Place, Wrong Time

 先日パワーアンプの入れ替えを行い、音も気分も一新!という勢いだったのですが、プリアンプが死亡しました・・・。幸いパワーアンプはプリメインのパワーを使っていたのでCDは聴くことができるんですが、フォノがないのでレコードが聴けません。ということで最近はCDをよく聴いています。

 そんな数少ないCDコレクション(?)の中でもコイツはお気に入りの一枚。シカゴブルースの重鎮とも言えるOtisさんですが、初期は不遇の時代をすごしていたそうで。このアルバムもレコーディングからしばらくしてから出されたとか。もったいないですね。Otis Rushのアルバムの中でも最も良いアルバムではないでしょうか?
 私のお気に入りは4曲目、Three Times A Fool。オーティスの声とギターがなんとなく似ている気がするんですよね。ギターも歌も気持ちよく歌っております。また中盤に入ってくるギターソロが魅力的なんですよ。3部構成のようなソロなんですが、2部と3部の雰囲気の違いがなんともいえませんね。派手さはないですが、なんとなく引き込まれてしまう、BGMとして聴き流すにはもったいないギターソロです。
 5曲目のRainy Night In Georgiaもいい曲です。バラードっぽい曲なんです。今の曲ってメロディーと歌詞がバラバラに作られるので言葉の持つ本来の音階が無視されている気がするんですが、この曲は言葉の音階をそのまま守ったまま歌っているように思えます。つっても英語なんてわかりませんが。
 
 いや〜Otis Rushいいですね。本当は6曲目とかも大好きなんですが、文章が思い浮かばないのでこの辺で・・・。
| ゑンつ | CHICAGO&DETROIT BLUES | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
父の魅力
muddy waters_Mississippi live.jpg

Muddy Waters
 間違いなくブルースマンの中で5指に入る有名な人でしょう。シカゴブルースと言えば間違いなくこの人の名前が出てくるはずです。そんなMuddyのアルバムで初めて買ったのがこのMuddy "Mississippi" Waters Liveです。といっても買ってすぐに好きになったわけではありませんでしたが。いつこのアルバムを好きになったんでしょ?いや〜不思議ですね、まったくわかりません。今でこそ当然のように愛聴盤になっていますが、はじめは聴きずらいとしか思わなかったのに。それでもちょくちょくと聴いていました。
 私が思うに、これがシカゴブルースの父といわれるMuddy Watersの魅力ではないでしょうか。この有無を言わせず人を引き込む魅力。好きだとか嫌いだとかそうゆう好みの領域ではなく、メロディーや技術なんかじゃなく、空気で人を引き込んでいくんだと思います。そんなMuddyの良さがわかるのが1.Mannish Boyですよ。
 こいつは最初から最後までずっと同じことの繰り返し。しかしこの繰り返しが進むにつれてどんどんと中に引き込まれていく。いや〜この曲大好きです。自分でも簡単にできそうな曲ですが、やったらツマラン曲になりそうですよ。今のプロのアーティストと呼ばれる人達のうち何人がこんな曲を演奏できますかね?
 2曲目はShe's Nineteen Years Oldって曲なんですが、スライドのギターソロは誰がやってるんですかね?私のもっているMuddyのアルバムではこんなギターソロを弾くイメージがあまりないのですが。結構齢nだし・・・。それにしてもこのスローブルースたまんないですね。
 う〜ん、あまりいい記事が書けませんな・・・。何しろ何時何処で好きになったのかすらよくわかっていませんからね。ともかく名盤の一つであることは間違いありません。とりあえず聴いてみてください。齢をとる前のMuddyにはブルースを切り開く力を感じます。ブルースマンとしてのMuddyの魅力はやはり齢を取る前にあるでしょう。しかしこのころのMuddyにはそうゆう魅力の変わりにブルースのもう一つの魅力ってものを感じさせてくれると思います。
| ゑンつ | CHICAGO&DETROIT BLUES | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
復活!
カルロス・ジョンソン
大変長い間このブログを更新する機会に恵まれず、かなり久しぶりの更新となりました。
4月から研修ということで長野の小さな旅館ですごし、6月から営業研修ということで某家電量販店で働き・・・。そして8月から事業部別の研修を2週間ほど受講した後、またもや長野の小さな旅館に逆戻りというわけです。1年の半分近くをこの旅館で過ごすというのも妙なものです。

さてさて記念すべき復活を飾るアルバムはCarlos Johnsonのライブアルバムです。彼は今年の初めに日本公演を行っているのでご存知の方も多いのでは?このアルバムは働いていた家電量販店のミニコンポで勝手にかけていたのですが、その時にオーディオ担当の人たちに大人気となりました。ブルースを知らない人たちにもその魅力を伝えられる非常に優秀なアルバムです。
さてこの人の最大の魅力は何といってもギターの音でしょう!非常に気持ちのいいサウンドです。335の魅力を最大限に生かしているとおもいます。また、ロックに多少影響を受けているのかギターソロも多少ロック的な気がしますね。それ故に受け入れやすいのかもしれません。店でもジャズとかロックとよく間違われていました。

復活を果たしたのに大した記事は書けてませんね。まあ、もともと大した記事は書いていないので良しとしましょう。それにもうこのブログをチェックしている人もほとんどいないでしょうし。
| ゑンつ | CHICAGO&DETROIT BLUES | 22:50 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
一転してブルース漬けに
more real folk blues
先日まではロックを頻繁に聴いていましたが、今は一転してブルース漬けに。そして最近のお気に入りがMuddy WatersMore Real Folk Blues。このブログ初のMuddyのアルバムです。1948年から1952年までの録音を集めた編集盤です。オリジナルのリリースは1967年かな?オリジナルが欲しいな〜。さて、ブルース好きの方達は「また有名どころか・・・」と思われるかも知れませんが、学生の少ないバイト代じゃ有名どころ買うので精一杯です。勘弁してください。

さてさてこのアルバムのA面はハーモニカとベースとギター、もしくはベースとギターのみというシンプルなデルタ風に仕上がっています。派手さはありませんがMuddyの魅力がたっぷりと味わえます。聴き所はやはりSad LetterやR.JのKind Hearted Woman、B面ではHoneybeeといったところでしょうか。
Sad Letterは力強いMuddyのボーカルの後ろに悲しみが隠れているようなハーモニカとスライドギター。これを名曲と言わずに何を名曲という!そんな1曲です。
聴き所にはあげませんでしたが、何気に好きなのが2曲目のGonna Need My Helpですね。ってかこの曲がMuddyの中でも1番好きかもしれません・・・。Sad Letterに比べるとギターやハーモニカのフレーズは劣りますが・・・。
そしてR.JのKind Hearted Woman。言わずとしれた名曲です。このアルバムはこの曲が聴きたいために買ったようなもんです。本家のR.Jには劣りますが、十分魅力のある曲です。
そしてこれまた名曲Honeybee。なんでB面の最後なんだろ?確かこの曲はリリースした当時に売れたとどこかに書いてあった気がするんですが・・・。カバー曲のKind Hearted WomanがA面の最後なのは納得できるんですが、これはちょっと納得できないですね。まあそれでもこの曲の良さは十分にわかります。このMuddyのボーカルは格別にいいですね。ファルセットの部分がいい!

さすがシカゴブルースの父と呼ばれるだけはあります。恥ずかしながら、実は最初はMuddyは偉大なブルースマンを沢山育てただけと思っていました。しかし偉大なブルースマンの下で演奏したから多くの偉大なブルースマンが生まれたのでしょう。そんなMuddyの魅力を教えてくれたのがこのアルバムでした。
| ゑンつ | CHICAGO&DETROIT BLUES | 00:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スライド
ハウンド ドッグ
スライドといって思い出されるアーティストは?デュアン・オールマンやデレク・トラックスなんかが一般的には有名でしょう。確かに彼らが、スライドバーとギターを通じて出すフレーズはすばらしい。しかし、そんなフレーズに喧嘩をうるような暴力的なやつがHound Dog Taylor

この猟犬スライドに憑き

カッコいいなこの邦題!こんなふうに言われてみたいな〜。まぁ私の場合はロクなこと言われないでしょうが・・・。どうせ”このPAゲインに憑き”とかそんな感じでしょう。そんな話はいいとして・・・。

ベースレスというちょっと変わったバンド編成。そしてトータス松本も絶賛しているというこのブルースマン!まあ、別にトータス松本はどうでもいいんですが・・・。ウルフルズファンの方いたらごめんなさい。ただウルフルズファンの方は一度くらい聴いてみてもいいのかな〜と思って。と言いつつ私はウルフルズをちゃんと聴いたことないですけど。

エルモア風のスライドを受け継いだHound Dog Taylor。日本製の安物ギターを歪ませて、スライドを弾きまくる。歪ませたスライドってのはカッコいい。もともとエルモア・ジェイムスが好きな私としてはこのCDはヒットでした。ほとんどブルースの定番のリフやターンアラウンドを使って曲を構成しています。しかし、1曲1曲がちゃんとブルースになってますね。しかし曲が荒っぽいせいで続けて2回聴こうとは思えないですね。そこらへんはやっぱりエルモア・ジェイムスの方が上ですね。

| ゑンつ | CHICAGO&DETROIT BLUES | 14:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE