Hi-Fi BLUES

いい音でBLUESを聴きたいって思ってる人間のブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
レコーディング
本日はレコーディングのはなし。
レコーディングって言っても楽器や歌を録音するわけではありません。FMを録音するのです。Frequency Modulationです。いわゆるラジオです。
さて何故FMの録音かというと、父がクラシックが好きなのですがなかなか買いたいと思う演奏がないらしい。ってことでFMを録音して何回も聴いて良いとおもったものをCDで買うそうです。そこでTRIOのチューナーを使ってNHKのクラシック番組を録音するのです。もちろん録音するのはPCのHDです。
作業としてはブログで取り上げるほどのものではありませんが、色々と実験してみるととても面白い結果がでました。といっても私の主観なので、鵜呑みにはしないでください。

さて、その実験内容ですが44.1kHzで録音、96kHzで録音、192kHzで録音というようにサンプリングレートを変えて録音をしてみました。全て16bitです。

44.1kHz
CDと同じなので、CDプレーヤーで再生することができるのでこのフォーマットを選んだのですが、正直なところ音はよくないです。もう少し、解像度がほしいところです。

96kHz
こちらになると途端に音が良くなります。音楽性も増して、スピーカーの幅以上に音像が広くなり、楽器の定位もしっかりとしてきます。

192kHz
不思議なことにここまでくると音はあまり変わりません。楽器にエネルギー感は多少増えたように感じるものの、音像が狭くなっていしまい、音も硬質な感じがします。音楽性でいうと△諒が良いです。

とまあこんな結果になりました。数値を上げれば必ずしも良くなるというわけではないのですね。もし、宅録なんかをやっている方がいましたら同様のことをやっていれば結果を教えてください。
| ゑンつ | 雑学? | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
邦楽 VS 洋楽  どっちが優れてる?
先日どうゆう流れだったか忘れましたが邦楽を聴きました。そして同時に洋楽も聴きました。そしたらあまりの録音の違いにビックリ!とゆうわけでタイトル通り洋楽と邦楽の録音の比較をします。メディアは邦楽、洋楽ともCDです。

まず楽器面。一番顕著に違いを感じたのはハイハットでした。邦楽はハイハットがオープン時の音が汚いです。シャンとしたおとよりジャンに近いですね。そしてギターも歪ませたときが汚いです。邦楽のバンドA○○…の1stアルバムとか酷かった・・・。

次にミックス。洋楽はバックの演奏に溶け込みつつボーカルが聴こえてきます。演奏の上にボーカルをのせるといったイメージですかね。しかし邦楽はバックの演奏の上からボーカルを貼り付けるような感じです。ボーカルだけ別演奏と感じます。とくにポップスのJ○○…なんてのは特に顕著です。ポップス以外でも感じましたが・・・。洋楽はライブで邦楽はカラオケって感じですね。

そしてオーディオ面。面白いことに邦楽は高いスピーカーよりミニコンポみたいなものの方がよく聴こえるんですよ。洋楽は歌ものだろうとバンドものだろうと、新しかろうが古かろうが高いスピーカーの方が良く聴こえました。

この結果は邦楽の曲をかなり聴いた結果です。上にあげた2つのグループ以外にも聴きましたが、どのグループにも上記のことは当てはまります。偶然聴いたものだけが上記のような結果だったとは考えにくいですね。

*注意*
上記は私の個人的な感想です。不快に思われた方がいても一切責任を負いません。また録音の違いについて述べているだけであり、楽曲が優れているかどうかはまた別の話になります。
| ゑンつ | 雑学? | 01:19 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE